Various medical examinations

各種検査紹介

Various medical examinations

高精度な画像診断で心臓と血管を立体的に調べます。

いわゆる3大疾患(がん・心臓病・脳卒中)のか中で心臓病は、がんに次いで死亡率第2位であり、心臓病・血管病をあわせると第1位です。中でも心筋梗塞は年々増加しており、無痛性の心疾患は人口の増加に伴い、生活習慣病としての動脈硬化性疾患が増加しています。狭心症・心筋梗塞などの虚血性疾患はとても危険な疾患です。虚血性疾患とは、動脈硬化のために冠動脈(心筋に血液を供給している血管)に血液がいかなくなるという病気です。

循環器専門医による画像診断と結果説明
これまで、心臓カテーテル検査でしか判らなかったような冠動脈の状態が心臓3DCTの検査で判明するようになりました。心臓は1日に10万回もの収縮を繰り返し休むことができない臓器です。酷使され続ける心臓をいたわり、この機会に検査をお受けになることをお勧めいたします。危険因子である高血圧、高脂血症、高血糖、喫煙習慣がある方、ご家族に動脈硬化などの血管病をかかえた方がいらっしゃる方は、お勧めします。
心臓の3DCT画像/造影剤を用いた鮮明な画像で、冠動脈の異常(硬化・狭窄・梗塞)がピンポイントで発見出来ます。
受診可能なコース